ホーム > 1CH こんにちは。知事です! > 知事記者会見 > 令和2年10月16日定例知事記者会見

更新日:2020年10月16日

ここから本文です。

2ch令和2年10月16日定例知事記者会見

開催日時:令和2年10月16日午前10時~午前11時30分
場所:県庁6階大会議室

1CH 新着情報

令和3年1月15日定例知事記者会見

開催日時:令和3年1月15日(金曜日)午前10時~午前11時30分
開催場所:県庁6階大会議室

1月15日更新

国の緊急事態宣言及び本県の感染状況を受けた県民の皆さまへのお願い

本日の対策本部会議におきまして,本県の感染状況や警戒基準におけるステージの状況を確認するとともに,緊急事態宣言に伴う1都3県への移動の方針や今後の感染防止対策等について協議しました。
本日,国において,1都3県を対象区域として緊急事態宣言が発令され,1都3県は,不要不急の外出・移動の自粛について協力の要請を行うものとし,特に,20時以降の不要不急の外出自粛について,住民に徹底することとされております。
本県の感染状況については,年末年始にかけて,医療機関や児童施設における相次ぐクラスターの発生に加え,県外との往来や来県者との接触による感染,家族間における感染の広がりなどにより,直近1週間で141人の感染者が確認され感染が拡大しております。
感染拡大の警戒基準に基づく感染状況は,ステージⅡを維持しているものの,ステージⅢに近づいていることを警戒しなければならない状況にあります。
昨日の九州地方知事会議において,各県の感染状況を共有し,九州・山口全体として,感染拡大防止のため,危機感をもって対応していくこととしたところであります。
感染拡大に歯止めをかけるため,宣言の対象となる都県への往来については自粛を含め慎重に判断することで,九州・山口各県が一致して取り組むことを確認したところであります。
このような状況を踏まえ,県民の皆さまにおかれましては,緊急事態宣言の発令期間中は,同宣言の対象となる都県については,不要不急の往来を自粛していただくとともに,不要不急でない場合も慎重に判断していただくようお願いします。
また,1都3県以外の感染拡大地域との往来についても慎重に判断し,移動する場合は,感染リスクの高い場所や場面を避けていただくようお願いします。
同宣言の対象となる都県を含む感染拡大地域からの来県については,対象地域の自治体の要請に従って対応していただくようお願いします。
来県を考えておられる方におかれては,発熱症状など体調不良の場合は,来県を控えていただくようお願いします。
来県される際は,体調管理をしっかりした上で,手洗いやマスクの着用,人と人との距離の確保など基本的な感染防止対策を徹底するとともに,発熱症状など体調不良の場合は,診察・検査を受けてくださるようお願いします。
新年会を含む会食につきましては,県の「感染防止対策実施宣言ステッカー」を取得しているなど,感染防止対策を徹底している店舗を選ぶ,少人数,短時間で開催する,大声で話をしない,食べるとき以外はマスクを着用する,体調の悪い人は参加しないなど,感染リスクを下げるようお願いします。
家庭内でも,手洗いや換気など感染防止対策を徹底してください。特に,高齢者や妊婦,基礎疾患のある方のいる家庭や,同宣言の対象となる都県を含む感染拡大地域への往来など感染リスクの高い状況が生じた家庭においてはマスクを着用するなど,さらに対策を徹底し,発熱などの症状がある場合には,早めに診察・検査を受けてくださるようお願いします。
事業者の方は業種別のガイドラインの遵守等,感染防止対策を徹底していただくとともに,在宅勤務,時差出勤など,人との接触を低減する取組を行ってくださるようお願いします。
また,従業員の方は,発熱などの症状がある場合は勤務をせず,しっかりと診察・検査を受けてくださるようお願いします。
県民の皆さまにおかれては,いつ,どこで自分が感染するかもしれない,あるいは無症状のまま,周りの人にうつすことがあるかもしれない,という状況にあることをしっかりと自覚していただき,うつされない,うつさない,そのための基本的な感染防止対策を行っていただく必要があります。
また,発熱などの症状がある場合には,早めに診察・検査を受けてくださるようお願いします。
最後に,厳しい状況,環境の中で,人命を守るため,現場の最前線で献身的な努力をしていただいている医師・看護師をはじめ医療関係者の皆さまなど,感染症対応に御協力をいただいている全ての方々に対しまして,心から感謝申し上げます。
併せて,感染者やその家族,治療にあたっている医療機関とその関係者等に対する不当な差別や偏見,いじめ等がないよう,正確な情報に基づいた冷静な行動をお願いいたします。
県民一丸となって,危機感をもって行動し,感染防止対策に御協力くださいますようお願いします。
令和3年1月7日
鹿児島県知事
塩田康一

1月7日更新

年末年始における新型コロナウイルス感染防止対策の県民の皆さまへのお願い

新型コロナウイルス感染症につきまして、本県では、3月26日に初めての感染者が確認され、4月から5月にかけて、全国的に緊急事態宣言が発令され、本県でも外出自粛や休業等の協力要請を行いました。
その後、一旦感染が収まりましたが、7月には、最初のクラスターが発生し、接待を伴う飲食店について休業の協力要請を行いました。その後、高齢者施設や与論町、医療機関等でクラスターが相次いで発生し、7月から8月にかけて感染者が大幅に増加しました。
11月に入り、クラスターの発生等により、再び感染者が増加傾向にあります。この間、県では、ステッカーの発行など、感染防止対策を推進するとともに、診療・検査医療機関や宿泊療養施設の確保など、医療提供体制の整備を図ってきているところです。
最近の感染状況については、12月に入り、徳之島の会食の場等や、出水市の学校、鹿児島市の接待を伴う飲食店、鹿屋市の大学サークル活動でクラスターが発生し、一日の県内での最多感染者数を更新するなど、一時、感染が拡大いたしました。
医療機関における負担感は、強くなっておりますが、現時点では重症者が1人であり、感染者には軽症や無症状者が多く、医療機関に入院している感染者は43人で、最大確保病床に対する占有率は13%となっているなど、医療提供体制が逼迫している状況に至っていないことなどから、(専門家の御意見も踏まえると、)警戒基準によるステージについては、ステージⅡの段階にあると判断しております。
県としては、ステージⅡの判断に基づき、現時点では、県境を越えた移動の自粛や飲食店の営業時間短縮など、県民の皆さんの行動を制限する段階にはないと考えております。
ただし、今後の状況変化によっては、ステージを引き上げることもあり得ると考えており、感染状況や病床の占有状況などについて、しっかりと緊張感を持って注視してまいります。
全国的には、首都圏や関西圏、中部圏を中心に、連日多数の新規感染者が確認されており、県民の皆さまの中には、これらの地域との往来について、迷っておられたり、不安に思われる方もおられると思います。
感染拡大地域を含めて、県境を越えた移動の自粛を求めることは考えておりませんが、感染拡大地域からの帰省については、体調管理をしっかりと行った上で来県し、基本的な感染防止対策を徹底するとともに、休暇を分散して取得するなど、混雑する時期を避けていただくようお願いします。
感染拡大地域に行かれる方は、今一度、必要性についてしっかりとお考えください。
感染拡大地域から来県される方も感染拡大地域に行かれる方も、移動の際には十分注意して、旅のエチケットなど、基本的な感染予防を必ず守ってください。発熱症状など体調不良の場合は、移動を控えて、きちんと診察・検査を受けてくださるようお願いいたします。
重症化しやすい高齢者や妊婦、基礎疾患のある方と会う場合には、特に注意してください。GoToイートにつきまして、年末年始における食事券の発行・販売の一時停止や、食事券・ポイントの利用自粛の呼びかけを行うかどうか、政府から判断を求められておりますが、現時点では行わないこととしております。
一方で、全国的には会食する際に感染する例が多く、忘年会・新年会を含む会食については、なるべく普段から一緒にいる人と少人数、短時間で開催していただき、「大声で話をしない」、「食べるとき以外はマスクを着用する」、「体調が悪い人は参加しない」など感染リスクを下げるようお願いいたします。
また、業種別のガイドラインの遵守等、飲食店等における感染防止対策を促進し、県民の皆さんにそのことを見える化するため、ステッカーを発行しておりますので、ご活用いただくとともに、飲食店等が実施している感染防止対策には利用客の皆さんにもご協力をよろしくお願いいたします。
初詣につきましては、混雑する時期や境内での三密などをできるだけ避けるようお願いします。
成人式等の年末年始のイベントについて、各地で中止や延期がなされているところもありますが、もし、年末年始にイベントを実施される場合には、人数制限等を行い、人と人との距離を十分に確保するとともに、入場時の検温や手指消毒、イベント時のマスク着用や大声を出さないなど、感染防止対策を徹底していただくようお願いします。
年末年始にお仕事をされる方もいらっしゃるかと思います。
これまでも、発熱などの症状があるにもかかわらず、勤務を継続してクラスターの発生につながった事例があったとの報告もあります。少なくとも症状のある方はきちんと診察・検査を受けてくださいますようお願いいたします。
また、休憩所や喫煙所、更衣室など、居場所が切り替わった場面で感染リスクが高まると言われておりますので、気を緩めることなく、感染防止に取り組んでいただきたいと思います。
インフルエンザの感染の時期を迎えつつある中で、より慎重な感染予防対策が必要となります。
また、感染経路不明の感染者が増えており、新型コロナウイルスの感染が身近なことになっている気がしております。無症状の感染者が自分の近くにいる可能性が高くなっているということです。
県民の皆さまにおかれては、いつ、どこで自分が感染するかもしれない、あるいは無症状のまま、周りの人にうつすことがあるかもしれない、という状況にあることをしっかりと自覚していただき、うつされない、うつさない、そのための基本的な感染防止対策を行っていただく必要があります。
改めて、三密を避ける、マスクを着用する、しっかり手洗いをする、人と人との距離を確保する、発熱症状など体調不良の場合は休んで、かかりつけ医や受診相談センターに電話で相談の上、診察・検査を受けるなど、感染防止対策を徹底してくださいますようお願いいたします。
最後に、厳しい状況、環境の中で、人命を守るため、現場の最前線で献身的な努力をしていただいている医師・看護師をはじめ医療関係者の皆さまなど、感染症対応に御協力をいただいている全ての方々に対しまして、心から感謝申し上げます。
併せて、感染者やその家族、治療にあたっている医療機関とその関係者等に対する不当な差別や偏見、いじめ等がないよう、正確な情報に基づいた冷静な行動をお願いいたします。
県民一丸となって、感染防止対策にしっかりと取り組み、危機感をもって行動し、「静かな年末年始」にご協力くださいますようお願いしたいと思います。

令和2年12月24日
鹿児島県知事
塩田康一

12月24日更新

このページに関するお問い合わせ

PR・観光戦略部広報課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?